仙台、宮城の増改築、マンション、外装、水まわりのリフォームはセルコホームにお任せください
リノベーション推進協議会 正会員
FREE DIAL 0120-304-211 10:00〜17:00(土・日・祝日・年始年末は除く)
ブログ
愛犬家ブログ
PET LIFE BLOG
  • 川遊び♪~素敵な夏の思い出づくりを~

    Tera

    キャンプシーズン真っ盛りですが、ワンちゃんを連れてお出掛けする方も多いのではないでしょうか?

    今回は、ワンちゃんと川遊びを安全に楽しむための準備について、ご紹介いたします。

     

     

    1. 場所探し

    まずは、犬連れで川遊びができる場所を探すことから始まります。
    ワンちゃんを遊ばせていいとされている所以外で、ワンちゃんをお水に入れるのは、マナー違反です。
    また、いくらお水が好きでも、あまり深い所や流れが複雑だったり、早かったりする所は禁物です。
    お子様も一緒に楽しめる安全な場所を探します。
     
    2. 必ずリードをつけて
     
    リードは何かあった時、ワンちゃんを守る命綱となりますので、どんな場合もリードは必ず付けて
    飼い主さんが持って遊びます。少し長い距離を泳がせたい場合やワンちゃんが既に泳ぐことに
    慣れているような場合は、長目のリードを付けてあげるのも良いですね。
    また、本格的に泳がせたい場合は、リードとワンちゃん用のライフジャケットの装着も良いでしょう。
     
    3. 排泄

    排泄は必ず遊ぶ前に済ましておきましょう。緊張や慣れない場所での興奮から
    お腹の調子を崩してしまうワンちゃんも居ます。また、冷え過ぎで便が軟らかくなってしまうこともあります。
    ワンちゃんからは決して目を離さず、少しでも排泄の気配が見られたら、すぐに水からあげて、
    適切な場所でトイレシーツやマナーグッズで処理して持ち帰ります。
     
    4. 体調管理

    頻繁に休憩を取りましょう。ワンちゃんやお子様が夢中になって遊ぶからといって、
    長時間遊びっ放しはよくありません。木陰で風通しの良い所で休み、人間もワンちゃんも
    水分補給と体力回復を計りましょう。また、色々な物を拾ってしまうワンちゃんにも要注意。
    悪いものを口に入れてしまう可能性もあります。いずれにしても、飼い主さんの注意が大切です。
     
    5. 体のチェック

    遊んだ後は、体に異常がないか見てあげることが大切です。
    お腹の下側や脇のところ、後ろ足の付け根、肉球、爪なども良く確認しましょう。川の石や砂などは
    意外とゴロゴロして尖っているので、傷になっていることもありますし、寄生虫が体についていることも
    あります。
     
    6. 帰る前に

    たっぷり時間を掛けて、遊んだ後のケアをしてあげましょう。直射日光の当たらない風通しの良い場所で、
    丁寧にチェックしてあげましょう。出来ればキレイな真水でしっかりすすいであげ、タオルドライを十分に
    行いましょう。軽くブラッシングすることで、ゴミや砂利なども取り除くことができます。
    この時、自然乾燥で日光に当てたりするのは、遊び疲れて体力の落ちてるワンちゃんには、
    かえって負担になり、熱中症や皮膚のトラブルの原因になる事もありますので、避けましょう。
    飼い主さんとの落ち着いたコミュニケーションは、興奮したワンちゃんの精神的クールダウンにもなります。
     
    いかがでしたでしょうか?
    家族そろって安全で素敵な夏の思い出づくりをしましょう。
     
     
    愛犬家住宅 | 2016.08.06 18:42