仙台、宮城の増改築、マンション、外装、水まわりのリフォームはセルコホームにお任せください
リノベーション推進協議会 正会員
FREE DIAL 0120-304-211 10:00〜17:00(土・日・祝日・年始年末は除く)
ブログ
愛犬家ブログ
PET LIFE BLOG
  • 季節の健康管理~春先の準備~

    Tera

    三寒四温を繰り返しながら、待ち遠しい桜の季節がやって来ます。この時期、飼い主さんの元に届く一通の春の便り・・「狂犬病予防注射の通知はがき」。

    という事で、今回は狂犬病についての正しい知識のご紹介です。

    狂犬病ってどんな病気?

    犬だけではなく、ほぼ全ての哺乳類が感染する感染症です。

    動物だけの病気でもなく、動物から人・人から動物へ感染する「動物由来感染症」とか「人畜(人獣)共通感染症」と呼ばれる病気の一つです。(ペスト/結核/日本脳炎/鳥インフルエンザ/ブルセラ症/エボラ出血熱などと一緒です。)

    発症すると、大量のヨダレと脳神経や筋肉のマヒ、また、脳が破壊される事により凶暴化し、死亡します。

    発症後の死亡率はほぼ100%で、確立した治療法はありません。(最も死亡率の高い病気として、エイズとならんでギネスにも記録されています。)

     

     

    狂犬病予防法……何故法律なの?

    日本には「狂犬病予防法」という法律があり、生後3カ月を過ぎたワンちゃん(91日以上)への狂犬病ワクチンの予防接種と飼い犬の登録及び、その後は毎年1回の接種が義務付けられています。

    現在日本は、国内で狂犬病撲滅に成功している世界でもわずかな国の一つです。しかし世界的には、南極を除く全ての大陸で感染が確認されていて、毎年50,000人以上が死亡しています

    犬に限らず狂犬病に感染している動物がペットとして、また、ネズミ/コウモリ/アライグマ/キツネなどのあらゆる野生動物が、海外から日本へ持ち込まれる可能性は避けられず、ウイルスの日本への侵入を防ぐのは、事実上不可能です。つまり、国内で感染する可能性が十分にあります。

    にも関わらず、厚生労働省の調査では、国内の予防注射実施率は約40%と、流行を防ぐために必要とされるWHOガイドラインの70%を遥かに下回っています

     


    さあ、ワンちゃんの飼い主の皆さん!
    春の便りは、こんな怖い病気から、自分の愛犬の命を守ってくれる大切な便りです。

    接種率100%を目指して、みんなで予防接種に出掛けましょう!

     

    愛犬家住宅 | 2017.03.04 18:13
  • 川遊び♪~素敵な夏の思い出づくりを~

    Tera

    キャンプシーズン真っ盛りですが、ワンちゃんを連れてお出掛けする方も多いのではないでしょうか?

    今回は、ワンちゃんと川遊びを安全に楽しむための準備について、ご紹介いたします。

     

     

    1. 場所探し

    まずは、犬連れで川遊びができる場所を探すことから始まります。
    ワンちゃんを遊ばせていいとされている所以外で、ワンちゃんをお水に入れるのは、マナー違反です。
    また、いくらお水が好きでも、あまり深い所や流れが複雑だったり、早かったりする所は禁物です。
    お子様も一緒に楽しめる安全な場所を探します。
     
    2. 必ずリードをつけて
     
    リードは何かあった時、ワンちゃんを守る命綱となりますので、どんな場合もリードは必ず付けて
    飼い主さんが持って遊びます。少し長い距離を泳がせたい場合やワンちゃんが既に泳ぐことに
    慣れているような場合は、長目のリードを付けてあげるのも良いですね。
    また、本格的に泳がせたい場合は、リードとワンちゃん用のライフジャケットの装着も良いでしょう。
     
    3. 排泄

    排泄は必ず遊ぶ前に済ましておきましょう。緊張や慣れない場所での興奮から
    お腹の調子を崩してしまうワンちゃんも居ます。また、冷え過ぎで便が軟らかくなってしまうこともあります。
    ワンちゃんからは決して目を離さず、少しでも排泄の気配が見られたら、すぐに水からあげて、
    適切な場所でトイレシーツやマナーグッズで処理して持ち帰ります。
     
    4. 体調管理

    頻繁に休憩を取りましょう。ワンちゃんやお子様が夢中になって遊ぶからといって、
    長時間遊びっ放しはよくありません。木陰で風通しの良い所で休み、人間もワンちゃんも
    水分補給と体力回復を計りましょう。また、色々な物を拾ってしまうワンちゃんにも要注意。
    悪いものを口に入れてしまう可能性もあります。いずれにしても、飼い主さんの注意が大切です。
     
    5. 体のチェック

    遊んだ後は、体に異常がないか見てあげることが大切です。
    お腹の下側や脇のところ、後ろ足の付け根、肉球、爪なども良く確認しましょう。川の石や砂などは
    意外とゴロゴロして尖っているので、傷になっていることもありますし、寄生虫が体についていることも
    あります。
     
    6. 帰る前に

    たっぷり時間を掛けて、遊んだ後のケアをしてあげましょう。直射日光の当たらない風通しの良い場所で、
    丁寧にチェックしてあげましょう。出来ればキレイな真水でしっかりすすいであげ、タオルドライを十分に
    行いましょう。軽くブラッシングすることで、ゴミや砂利なども取り除くことができます。
    この時、自然乾燥で日光に当てたりするのは、遊び疲れて体力の落ちてるワンちゃんには、
    かえって負担になり、熱中症や皮膚のトラブルの原因になる事もありますので、避けましょう。
    飼い主さんとの落ち着いたコミュニケーションは、興奮したワンちゃんの精神的クールダウンにもなります。
     
    いかがでしたでしょうか?
    家族そろって安全で素敵な夏の思い出づくりをしましょう。
     
     
    愛犬家住宅 | 2016.08.06 18:42
  • 愛犬の生活・行動範囲を考えてプランニング

    Tera

    愛犬の生活範囲についての考え方

     

    愛犬の日常的な居場所をどこにするのか、愛犬の立ち入りを制限する空間を

    どう考えるかなど、愛犬との暮らし方によって愛犬の生活範囲は変わってきます。

    大きく分けると3 タイプになります(右図参照)。

    ○ 家中自由にさせ、制限をしない

    ○ 家族の集まるリビング(LD)に限定する

    ○ 屋外中心で、室内は土間(テラス)までに制限する

    プランニングする際には、愛犬とどのように暮らしていきたいか、

    犬の行動を制限したい場所はどこか、十分に考えることが大切ですね。

     

     

    愛犬の行動範囲を制限したい場所

     

    住空間には犬にとって危険な場所、衛生上の理由から入らせないほうが望ましい場所があります。

    ドアやゲートで入室を制限したり、段差などをあえて設けることで愛犬の行動をコントロールしたり、

    安全や衛生的な環境が保てる工夫をしましょう。

    <キッチン>
    火傷の危険があり、刃物など危険な調理器具や食べてはいけない食品があるので注意。

    <風呂場>
    シャンプーなどの洗剤類は犬が口にすると危険。湯をためた浴槽に落ちる事故もあります。

    <階段>
    転落の危険があります。また、階段の上り下りを繰り返すことで犬の足腰に負担が蓄積し、

    重大な疾患を招くこともあります。

    <バルコニー・屋上>
    転落の危険があるので、手すりの高さや形状、手すり子の間隔のなどを工夫しましょう。

    <和室>
    和室に使われている建材はニオイが吸着しやすいものが多く、畳は傷つきやすく、

    ダニなどの微生物が繁殖しやすいので、極力入らせないようにしたいものです。

    <寝室>
    寝具はニオイを吸着しやすく、寝室は衛生上の観点からはできるだけ入らせないほうが望ましい場所。

    とはいえ、就寝時も愛犬と一緒にいたいと考える飼い主さんも多くいます。

    入室を制限するかどうかは飼い主さんの考え方次第のようです。

    愛犬家住宅 | 2016.07.22 10:01
  • 高齢期の犬も快適に過ごせる住まいを!

    Tera

    犬の高齢化が進んでいます

     

    小・中型犬では10 歳、大型犬では8歳から高齢犬とみなすのが平均的な考え方のようですね。

    最近は、獣医学の発達やワクチン接種の普及による感染症の減少、

    また、飼い主さんの意識の変化、飼育環境の整備などによって、

    人間のみならず犬の寿命もどんどん延びてきています。

    一般的には、大型犬で10 歳前後、小・中型犬で15 年前後ですが、

    なかには大型犬で15 年、小・中型犬で20 年以上生きる犬もいるそうです。

     

    One Point Advice

     

    飼育環境によって犬の寿命は長くなるようで、

    一般的に寿命が長いのは、大型犬より小型犬、屋外飼いよりも室内飼い、

    肥満している犬よりもやせている犬のほうだと考えられています。

    食事などの健康管理には、気をつけたいところですね。

     

     

    高齢期になると犬はどう変わるんでしょう?

     

    では、老化によって犬にはどのような変化があらわれるのでしょうか。

    一般的には、活動性やトレーニング能力の低下、協調性の減退、短期の記憶喪失、

    性格や行動の変化、睡眠時間の増加など・・・。

    また、白髪が増える、皮膚にイボやシミができる、あごや口のラインが下がる、

    筋肉や関節が弱くなる、内蔵機能の低下などの体の変化もみられます。

    生活にもさまざまな支障があらわれ、体温調整がしにくくなる、段差の上り下りが辛くなる、

    小さな段差につまずく、段差から落っこちる、モノにぶつかる、トイレを失敗するなど、

    細かく気を配ってあげる必要がでてきます。これは、人間と同じですね。

     

    老犬の健康を保つために…

     

    食餌は、塩分が少なく、消化吸収の良い高タンパク質のものを与えると良いそうです。

    散歩に出かけ、できるだけ犬の集まるところに行ったり、途中でニオイをたくさん嗅がせたり、

    適度な刺激を与えてあげることも大切です。

    住環境は、段差をできるだけ解消し、フローリングなど滑りやすい床は絨毯などを敷いて

    足腰にやさしい環境に。

    また、静かで安心して休め、孤立感のない、清潔な環境が保てる居場所をつくってあげたいものですね。

    歳をとってから急に住環境を変えるのは犬にとって負担になるので、

    リフォームや配置替えは早めに考えましょう。

     

    One Point Advice 

     

    老犬にもやさしい住環境を!

    大切な家族の一員である犬が高齢期になっても快適に暮らせるように、

    安心できる居場所の確保、安全で清潔が保ちやすい住まいづくりを心がけましょう。

    床や壁などは掃除がしやすくメンテナンスの楽なものを選び、

    床は滑りにくく硬くないものを選ぶことがポイントです。

     

     

    愛犬家住宅 | 2016.07.12 18:49
  • うちのワンコは、何歳?

    Tera

    小・中型犬と大型犬では、成長や老化の速度が違います


    小・中型犬は、成犬になるまでの成長が早く、老化は7歳頃からゆるやかにやってきます。

    大型犬は、成犬になるまでの成長はゆっくりですが、老化は早く、5~6歳頃から始まります。

     

     

    One Point Advice 犬の年齢の計算のしかた

     

    <小・中型犬の場合>

    最初の2年で24 歳、その後は1年に4 歳ずつ加算していきます。
    24+(犬の年齢-2年)×4


    <大型犬の場合>
    最初の1年で12 歳、その後は1年に7歳ずつ加算していきます。
    12+(犬の年齢-1年)×7

     

    我が家のワンコは、小型犬で8歳と6歳。

    人間の年齢でいえば、48歳と40歳。やっぱり オジサン ですね。

     

     

    愛犬家住宅 | 2016.07.11 17:41
  • 1
  • 1
  • 2
  • 2